研究紹介
ホーム  >  研究紹介  >  研究詳細

過去の研究

プロジェクタ・カメラによる実世界作業支援

カメラにより作業状況を認識し,プロジェクタにより作業状況に応じた支援情報を作業空間に直接提示するシステムの実現を目指しています.
Photo

実時間手形状認識

複数台のカメラを利用して,オクリュージョンに頑健なビジョンベースの実時間手形状認識について研究を行なっています.
Photo

CVのための信頼度駆動アーキテクチャ

コンピュータビジョンを応用したアプリケーションの性能を高めることを目標に,新しい計算機アーキテクチャの研究/開発を行っています.
Photo

自由視点映像生成

PCクラスタと多視点カメラ画像を用いて, オンラインで高速かつ詳細な自由視点映像を生成するシステムの研究を行っています.
Photo

実時間人物仮想化

実時間人物仮想化という概念に基づいて,仮想空間中のアバタを介した遠隔地コミュニケーションシステムの実現を目指しています.
Photo

誘発型マンマシンインタフェース

画像認識からの少数動作入力をもとに自然な3Dキャラクタの動作制御を行なうことで仮想空間との円滑なインタラクションを可能にするシステムの開発を目指しています.
Photo

実時間頭部姿勢推定

ステレオカメラを用いて顔の特徴点を検出し,利用者に負担を与えず多くの人に適応する顔の向きの実時間推定法の研究を行っています.
Photo

実時間並列画像処理プログラミング環境RPV

多視点映像を利用した実時間動画像処理を容易に実現するために,PCクラスタ上の並列プログラミング環境RPVを提案しています.実時間ビジョンベースモーションキャプチャの研究でもこの環境を利用しています.
Photo

講義自動撮影システム

遠隔講義を支援するシステムの構築の一環として,画像処理により自動的にカメラ操作を行い適切な講義映像を取得するシステムの開発を行っています.
Photo