プロジェクト
ホーム  >  プロジェクト  >  プロジェクト詳細

アグロインフォマティクスリサーチコア

概要

アグロインフォマティクス分野では,農学への最新の情報技術の適用により,先導的な農業経営支援,持続的・先端的な農業技術の確立を試みています.様々な社会条件,環境条件に影響を受ける極めて複雑な実世界システムである農業を対象として,詳細かつ即時的に実世界を観測し,そこから得られる大量の観測データに基づいて,必要な情報を分析・抽出する仕組みをいかに構築するか?という実世界と情報化社会を融合する効果的な情報技術の実現を目指しています.

詳細

気温・湿度・日射量などの圃場環境情報や作物の生育を把握するためのカメラなど多種多様な情報を取得するセンサを農場に配置することに加え,農作業者の行動や日誌などの農作業記録を取得する情報基盤からの情報をもとに環境・作物・人に対して有益な情報を抽出し,還元していく情報技術を提案しています.

農作業者に装着したウェアラブルデバイスから得られる活動情報を解析することで,農作物の収穫量などの自動記録といった農作業者支援の研究を行っています.

また,単に個々の農作業者への支援だけでなく,他の農場の圃場環境情報や農作業者のメモなどの情報の可視化や共有を行うためのユーザインターフェースを開発することで,効率的な農作業知識の伝達を試みています.

現在,農業高校と連携して,農業教育の観点から効果的な情報の提示方法の考案や生徒の学習履歴や実習の様子をセンシングし,有用な情報を抽出・分析する取り組みを行っています.




研究助成

(1) 科学研究費:基盤研究(A)「作物栽培技術学習のための多元センシングに基づく作物栽培知識マップの形成」(2018~2020年度)
(2) 科学研究費:基盤研究(C)「低コスト・汎用デバイスを用いた高速植物フェノタイピングシステムの開発」(2018~2020年度)
(3) 科学研究費:基盤研究(B)「栽培時農業情報の融合のための植物モデル構築」(2017~2019年度)
(4) 農林水産省「イチゴの省エネ栽培・収量予測・低コスト輸送技術の融合による販売力・国際競争力の強化(革新的技術開発・緊急展開事業)」(2016.10~2019.9)
(5) 科学研究費:基盤研究(A)「次世代農業支援のための高機能センシング技術の開発」(2015~2017年度)
(6) 科学研究費:基盤研究(C)「気象環境・画像情報のリアルタイム特徴量抽出システムの開発と農業生産への応用」(2015~2017年度)

発表文献